ニキビ 改善

ニキビケアのために食べたい食品

洗顔をしたり化粧品でケアをすることも大切ですが、
ニキビケアは食事を見直して内側から行うことも大切です。

 

 

何度もニキビができてしまう、毎日きちんとケアをしている、
こんな方は食事を見直してみましょう。

 

 

では、ニキビを改善するためには、
どのような食事をしたらいいのでしょうか。

 

 

ニキビは何らかの理由で毛穴がつまることでできます。

 

 

過剰な皮脂分泌は、毛穴をつまらせる原因の一つです。

 

 

ビタミンB群には皮脂の分泌をコントロールする働きがあり、
不足をすると過剰な皮脂分泌を招きます。

 

 

そのため、脂性肌でニキビに悩んでいる方は、
ビタミンB群を意識して摂るようにしましょう。

 

 

ビタミンB群の中でも、B2とB6に皮脂分泌を
コントロールする働きがあります。

 

 

ビタミンB2が多い食品は、レバー・うなぎ・卵などです。

 

ビタミンB6が多い食品は、カツオ・マグロ・卵などです。

 

 

ニキビは脂性肌にできるイメージがありますが
乾燥肌もニキビができます。

 

 

肌が乾燥をするとターンオーバーが乱れて、
古い角質が蓄積します。

 

 

たまった角質で毛穴が細くなり、
わずかな皮脂でも毛穴がつまってしまうのです。

 

 

肌のターンオーバーを促す栄養素がビタミンAです。

 

 

ビタミンAは粘膜を作るためにも必要な栄養素で、
乾燥肌対策にもなります。

 

 

ビタミンAが多い食品は、レバー・うなぎ・卵黄などです。

 

 

βカロテンから体内でビタミンAに変換することもできます。

 

 

βカロテンは、人参・ほうれん草・かぼちゃなど
緑黄色野菜に多く含まれています。

 

 

脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取をすると吸収がよくなります。

 

 

ニキビを改善するには肌のターンオーバーを整えることが大切です。

 

 

ターンオーバーが乱れていると角質が蓄積して
毛穴がつまってしまうし、新しい細胞ができなければ
肌は修復されません。

 

 

ビタミンAの他にもターンオーバーを整えるためには
亜鉛が必要です。

 

 

亜鉛は体内の多くの酵素の働きに関係をしていて、
細胞を作るためにも必要です。

 

 

不足しやすい栄養素なので意識して摂取をしましょう。

 

 

亜鉛が多い食品は、牡蠣・カシューナッツ・ごまなどです。

 

 

便秘でニキビが悪化したことがありませんか。

 

 

便秘で腸内環境が悪化をすると、
悪玉菌が作り出す有害物質が増えます。

 

 

有害物質は腸から吸収され、血液にのって全身を巡り、
肌細胞に刺激を与えます。

 

 

そのため、ニキビを改善するためには便通を整えることも大切です。

 

 

便通を浴する成分が食物繊維です。

 

 

野菜・きのこ・海藻・豆類などに食物繊維が多く含まれています。